研究業績

2017年度

  • 国内学会
    1. 安田貴史, 保田俊行, 大倉和博, "ロボティックスワームにおけるロボットの向きを考慮した群れ行動解析", 第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 213-4, 4pages (5, 2017) 京都テルサ 2017年5月23日~25日(24)
    2. Hanjun Jiang, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, "Collective Behavior for Cooperative Transport Task in a Robotic Swarm based on Deep Deterministic Policy Gradient Algorithms", 第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 213-5, 4pages (5, 2017) 京都テルサ 2017年5月23日~25日(24)
    3. 保田俊行, 大倉和博, 中谷繁仁, "移動ロボット群のフロッキングにおける個体間相互作用に関する一考察 階層性に基づく群れ行動生成と解析", ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 2A1-H07, 2 pages (5, 2017) ビッグパレットふくしま 2017年5月10日~13日(12)
    4. 保田俊行, 大倉和博, 安保雅基, "深層強化学習を用いた実機ロボティックスワームの群れ行動獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 2A1-H08, 2 pages (5, 2017) ビッグパレットふくしま 2017年5月10日~13日(12)
  • 2016年度

    • 著書
      1. 牧野貴樹, 澁谷長史, 白川真一 編著, 浅田捻, 麻生英樹, 荒井幸代, 飯間等, 伊藤真, 大倉和博, 黒江康明, 杉本徳和, 坪井祐太, 銅谷賢治, 前田新一, 松井藤五郎, 南泰浩, 宮崎和光, 目黒豊美, 森村哲郎, 森本淳, 保田俊行, 吉本潤一郎 著, "これからの強化学習", 森北出版 (11,2016)

      2. Marco Dorigo, Mauro Birattari, Xiaodong Li, Manuel López-Ibáñez, Kazuhiro Ohkura, Carlo Pinciroli, Thomas Stützle (Eds.), "Swarm Intelligence, 10th International Conference, ANTS 2016, Brussels, Belgium, September 7-9, 2016 Proceedings", Springer (9,2016)
    • 投稿論文
      1. Toshiyuki Yasuda, Shigehito Nakatani, Akitoshi Adachi, Masaki Kadota and Kazuhiro Ohkura, "Adaptive Role Assignment for Self-organized Flocking of a Real Robotic Swarm", Journal of Artificial Life and Robotics (accepted)
    • 講座
      1. 大倉和博, 保田俊行, 門田真樹, "GPUを用いた超並列高速計算入門ーⅥ ーGPUコンピューティングの進化型スワームロボットシステムへの応用", システム制御情報学会誌, Vol.60, No.12, pp.542--547 (2016)
    • 国際会議
      1. Yufei Wei, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Autonomous Task Allocation for Swarm Robotic Systems Using Behavioral Decomposition", Proceedings of the 20th Asia Pacific Symposium, Intelligent and Evolutionary Systems, Springer, Canberra, Australia, November 16–18, 2016, pp.469--481 (2016)
      2. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda and Motoaki Hiraga, "Observing Path Formation Behavior in Evolutionary Swarm Robotic Systems", Proceedings of SICE Annual Conference 2016, pp.1220--1223 (2016)
      3. Toshiyuki Yasuda, Motoaki Hiraga, Akitoshi Adachi, Kazuhiro Ohkura, "Consideration Regarding the Reduction of Reality Gap in Evolutionary Swarm Robotics", Proceedings of the Tenth International Conference on Swarm Intelligence, pp.294--295 (2016)
      4. Yufei Wei, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, "Autonomous Task Allocation for Swarm Robotic Systems using Hierarchical Strategy", Proceedings of the Tenth International Conference on Swarm Intelligence, pp.287--288 (2016)
    • 国内学会
      1. 保田 俊行, 平賀 元彰, 大倉 和博, "進化型スワームロボットシステムの拡張性に個体設計が及ぼす影響", 第17回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 講演論文集, pp298--300, (12,2016)
      2. 片岡 駿一, 中島 潤樹, 保田 俊行, 大倉 和博, "深層強化学習を適用したスワームロボティクスシステムによる協調搬送行動の生成", 第17回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 講演論文集, pp.301--305, (12,2016)
      3. 中島 潤樹, 保田 俊行, 大倉 和博, "深層強化学習によるロボティックスワームの二点間往復行動タスクにおける群れ行動の生成",計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2016 講演論文集, pp.25--28, (12, 2016)
      4. 安保 雅基, 保田 俊行, 大倉 和博, "深層強化学習による実機ロボティックスワームの群れ行動生成実験", 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2016 講演論文集, pp.29--31, (12, 2016)
      5. Ming Sun, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Masaharu Munetomo, "Time Series Analysis in Swarm Robotics System with Cloud Computing", 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会講演論文集, pp.112--113, (11, 2016)
      6. 中谷 繁仁, 保田 俊行, 大倉 和博, "個体間の階層的相互作用に基づくロボティックスワームの群れ行動生成", 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会講演論文集, pp114--115, (11, 2016)
      7. 平賀元彰, 保田俊行, 大倉和博, "進化型スワームロボティクスにおける個体設計とシステム規模の関係", 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.135--137, (7, 2016)
      8. 安田貴史, 保田俊行, 大倉和博, "Multislice Modularityを用いたSwarm Robotics Systemsのサブグループ抽出", 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.131--134, (7, 2016)
      9. 片岡駿一, 中島潤樹, 保田俊行, 大倉和博, "深層強化学習によるスワームロボティクスシステムの群れ行動生成:Experience Replayの影響", 2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.127--130, (7, 2016)
      10. 平賀元彰, 保田俊行, 大倉和博, "進化型ロボティックスワームにおけるリアリティギャップの縮小に関する一考察", ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1A1-05a4, 4 pages (6, 2016)
      11. 安田貴史, 保田俊行, 松村嘉之, 大倉和博, "Multislice Modularity を利用したサブグループ抽出に基づくスワームロボティクスシステムの群れ行動解析", 第59回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 364-5, 6 pages (5, 2016)
      12. 片岡駿一, 中島潤樹, 保田俊行, 大倉和博, "Deep Reinforcement Learningを適用したスワームロボティクスシステムによる群れ行動の生成", 第60回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 353-2, 6 pages (5, 2016)
    • 学位論文
      1. 萩森格, "GPUを用いたGAによる大規模最適化問題の並列高速解法", 広島大学修士論文
      2. Ming Sun, "Massive Swarm Robotic Systems using Cloud Computing: Behavior Analysis from the Scalability Perspective", 広島大学修士論文
      3. 中島潤樹, "Deep Q-Networkを用いたロボティックスワームによる群れ往復行動の生成", 広島大学修士論文
      4. 安保雅基, "深層強化学習による実機ロボティックスワームの群れ行動生成実験", 広島大学修士論文
      5. 中谷繁仁, "個体間の階層的相互作用に基づくロボティックスワームの群れ行動生成", 広島大学修士論文
      6. 陣内渉, "ロボティックスワームの群れ行動生成のための行動多様化戦略", 広島大学卒業論文
      7. Kim Jinsan, "進化型スワームロボティクスシステムにおけるロボット出力変化に関する群れ行動への影響", 広島大学卒業論文
      8. 久保田昌辰, "進化型スワームロボティクスシステムにおける協調群れ行動に関する一考察", 広島大学卒業論文
      9. 大谷羽亜斗, "スワームロボティクスシステムによる協調搬送行動生成のためのDQN設計", 広島大学卒業論文
      10. 嶋田一貴, "Deep Q-Networkを用いたロボティックスワームによる群れ往復行動の特性解析", 広島大学卒業論文
      11. 渡邊諒, "深層強化学習による実機ロボティックスワームの群れ行動生成実験と分析", 広島大学卒業論文
    • 2015年度

      • 投稿論文
        1. Tian Yu, Toshiyuki Yasuda,Yoshiyuki Matsumura, Masanori Goka, and Kazuhiro Ohkura "Robust Swarm Robotics System using CMA-Neuroes with Incremental Evolution", International Journal of Engineering Research & Technology (IJERT), Vol. 4, Issue. 11, pp. 217--226 (11, 2015), DOI: 10.17577/IJERTV4IS110303
        2. 門田真樹, 保田俊行, 松村嘉之, 大倉和博, "適応DEにおける確率的なパラメータ調整法とその評価", 電気学会 電子・情報・システム部門誌(論文誌C), Vol.135, No.9, pp.1142--1148 (2015) DOI: 10.1541/ieejeiss.135.1142
        3. Hai Shan, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "An Improved Hybrid Artificial Bee Colony Algorithm for Solving Real Parameter Optimization Problems”, International Journal of Engineering Research & Technology (IJERT), Vol. 4, Issue. 5, pp. 628-635, (2015), DOI: 10.17577/IJERTV4IS050724
        4. Hai Shan, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "A Self Adaptive Hybrid Enhanced Artificial Bee Colony Algorithm for Continuous Optimization Problems", BioSystems, Vol.132-133, pp.43--53 (2015) DOI: 10.1016/j.biosystems.2015.05.002
      • 国際会議
        1. Toshiyuki Yasuda, Shigehito Nakatani, Akitoshi Adachi, Kazuhiro Ohkura, "Generating Flocking Behavior of a Real Robotic Swarm that Travels between Two Landmarks", Proceedings of the First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, 28-30 October 2015, Kyoto, pp.239--242 (2015)
        2. Yufei Wei, Tatsuya Morikawa, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Yoshiyuki Matsumura and Masaharu Munetomo "A Parallel Computing Implementation of Evolutionary Swarm Robotics Approach", The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, 28-30 October 2015, Kyoto, pp.235--238 (2015)
        3. Yu Tian, Ohkura Kazuhiro, Yasuda Toshiyuki, "Understanding Autonomous Task Allocation by Clustering a Swarm Robotics System", Proceedings of the First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, 28-30 October 2015, Kyoto, pp.192--193 (2015)
        4. Masaki Kadota, Toshiyuki Yasuda, Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, "A Predator-Prey Artificial World That Yields Swarm Behavior", Proceedings of the First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, 28-30 October 2015, Kyoto, pp.190--191 (2015)
        5. Tian Yu, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "A duration based behavior analyze approach for swarm robotics system", Proceedings of SICE Annual Conference 2015, 28-30 July 2015, Hangzhou pp.276--281 (2015), DOI: 10.1109/SICE.2015.7285527
        6. Zhiwen Wang, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "An Evolutionary Approach to Sudoku Puzzles with Filtered Mutations", Proceedings of 2015 IEEE Congress on Evolutionary Computation, 25-28 May 2015, Sendai, pp.1732--1737 (2015), DOI: 10.1109/CEC.2015.7257096
      • 国内学会
        1. 門田真樹, 保田俊行, 松村嘉之, 大倉和博, "Predator-prey シミュレーションにおける群れ行動と生存性に関する一考察", 第28回自律分散システムシンポジウム論文集, pp.167--172 (1, 2016)
        2. 中島潤樹, 安保雅基, 保田俊行, 大倉和博, "Deep Reinforcement Learning によるロボティックスワームの集合行動の獲得", 第28回自律分散システムシンポジウム論文集, pp.173--178 (1, 2016)
        3. 安達明俊, 保田俊行, 大倉和博, "ロボティックスワームの群れ行動における入出力構成の設計に関する一考察", 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1A3-5, pp.57--60 (12, 2015)
        4. 森川達矢, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴, "クラウドコンピューティングを用いた進化型ロボティックスワームの群れ行動生成", 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 1A3-4, pp.53--56 (12, 2015)
        5. 安保雅基, 保田俊行, 大倉和博, "実機ロボティックスワームの群れ行動に入出力構成が及ぼす影響", 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2015 講演論文集, pp.1146--1150, 4 pages (11, 2015)
        6. 萩森格, 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "16x16数独のためのGAの一拡張法", 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2015 講演論文集, pp.1121--1124 (11, 2015)
        7. 内倉慶介, 保田俊行, 大倉和博, "ロボティックスワームにおける適応的機能創発過程の解析", 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2015 講演論文集, pp.761--762, (11, 2015)
        8. 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "群れ行動を創発するPredator-preyシミュレーション", 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2015 講演論文集, pp.758--760 (11, 2015)
        9. 内倉慶介, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボティックシステムにおける適応的機能創発過程の解析", 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.139--140, (7, 2015)
        10. 萩森格, 王志文, 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, "GPUを用いたGAによる数独の並列高速解法", 第59回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 211-6, 5 pages (5, 2015)
        11. 中島潤樹, 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, "DEによるDeep Neural Networkの学習 —GPUへの実装", 第59回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 211-5, 6 pages (5, 2015)
        12. 中谷繁仁, 安達明俊, 安保雅基, 保田俊行, 大倉和博, "実機ロボティックスワームの二点間往復タスクにおける群れ行動生成", ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集, 2A1-K09, 4 pages (5, 2015)
        13. 安保雅基, 安達明俊, 中谷繁仁, 保田俊行, 大倉和博, "実機ロボティックスワームの群れ行動生成における入出力構成の及ぼす影響", ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集, 2A1-K08, 4 pages (5, 2015)
      • その他
        1. iiC-HPC(情報基盤センター大型計算機システムニュース)第38号:特集・クラウドシステムを活用したスワームロボティクス,2015年6月 pdf
      • 学位論文
        1. Hai Shan, "Extended artificial bee colony algorithms for continuous optimization problems", 広島大学博士論文
        2. Yu Tian, "Collective behavior generation and analysis for an evolutionary swarm robotics system", 広島大学博士論文
        3. 安達明俊, "実機ロボティックスワームの群れ行動生成のためのシステム構成法", 広島大学修士論文
        4. 村川真也, "ロボティックスワーム操作のためのヒューマンマシンインターフェースの設計", 広島大学修士論文
        5. 森川達矢, "クラウドコンピューティングを用いた進化型ロボティックスワームの群れ行動生成", 広島大学修士論文
        6. 魏宇飛, "Adaptive Behaviour Generation of Evolutionary Robotic Swarm using Cloud Computing", 広島大学修士論文
        7. 岡村由一, "ロボティックスワームにおけるチェインフォーメーションの進化的獲得", 広島大学卒業論文
        8. 片岡駿一, "Deep Reinforcement Learningを適用したスワームロボティクスシステムによる群れ行動の生成", 広島大学卒業論文
        9. 末永仁, "時系列を考慮するクラスタリングを用いたロボティックスワームの群れ行動解析", 広島大学卒業論文
        10. 平賀元彰, "進化型ロボティックスワームにおけるリアリティギャップの縮小に関する一考察", 広島大学卒業論文
        11. 安田貴史, "Multislice Modularity を利用したサブグループ抽出に基づくスワームロボティクスシステムの群れ行動解析", 広島大学卒業論文
      • 2014年度

        • 投稿論文
          1. 大倉和博, 保田俊行, 和田七海, 松村嘉之, "スワームロボットシステムにおける群れ挙動の一解析法 —動物行動学に基づくアプローチ—", 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.26, No.5, pp.855--865 (2014) DOI: 10.3156/jsoft.26.855
          2. 島谷直規, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "進化型スワームロボティクスにおける協調採餌問題のGPUへの実装", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.134, No.9, pp.1355--1364 (2014) DOI:10.1541/ieejeiss.134.1355
        • 国際会議
          1. Toshiyuki Yasuda, Akitoshi Adachi, and Kazuhiro Ohkura, "Self-Organized Flocking of a Mobile Robot Swarm by Topological Distance-Based Interactions", Proceedings of 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 13-15 December 2014, Tokyo, pp.106--111 (2014) DOI: 10.1109/SII.2014.7028020
          2. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Tosei Nomura and Yoshiyuki Matsumura, "Evolutionary Swarm Robotics Approach to a Pursuit Problem", 2014 IEEE Symposium on Robotic Intelligence in Informationally Structured Space (RiiSS) Proceedings, 9-12 December 2014, Orlando, FL, pp.129--134 (2014) DOI: 10.1109/RIISS.2014.7009182
          3. Toshiyuki Yasuda, Akitoshi Adachi, and Kazuhiro Ohkura, "Self-organized Flocking in Mobile Robots Based on Frontal Interaction and a Leadership Rules", Proceedings of Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, 3-6 December 2014, Kitakyushu, pp.594--599 (2014) DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2014.7044820
          4. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Masaki Kadota, and Yoshiyuki Matsumura, "An Extended SHADE and its Evaluations", Proceedings of 18th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES 2014), Vol.2, 10-12 November 2014, Singapore, pp.493--504 (2014) DOI: 10.1007/978-3-319-13356-0_39
          5. Toshiyuki Yasuda, Koki Kage, and Kazuhiro Ohkura, "Response Threshold-Based Task Allocation in a Reinforcement Learning Robotic Swarm", Proceedings of IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA 2014), 7-8 November 2014, Hiroshima, pp.189--194 (2014) DOI: 10.1109/IWCIA.2014.6988104
          6. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Yoshiyuki Matsumura, and Masaki Kadota, "GPU Implementation of Food-Foraging Problem for Evolutionary Swarm Robotics Systems", Proceedings of 9th International Conference on Swarm Intelligence (ANTS 2014), 10-12 September 2014, Brussels, LNCS8667, pp.238--245 (2014) DOI: 10.1007/978-3-319-09952-1_22
          7. Yu Tian, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Yoshiyuki Matsumura, and Masanori Goka, "Apply Incremental Evolution with CMA-NeuroES Controller for a Robust Swarm Robotics System", Proceedings of Proceedings of the SICE Annual Conference 2014, 9-12 September 2014, Sapporo, pp.295--300 (2014) DOI: 10.1109/SICE.2014.6935195
          8. Hai Shan, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "A Levy Flight-Based Hybrid Artificial Bee Colony Algorithm for Solving Numerical Optimization Problems", Proceedings of 2014 IEEE Congress on Evolutionary Computation, 6-11 July 2014, Beijing, pp.2656--2663 (2014) DOI: 10.1109/CEC.2014.6900501
        • 国内学会
          1. 王志文, 保田俊行, 大倉和博, "Evolutionary Approach to Sudoku Puzzles with Sophisticated Operations", 第27回自律分散システムシンポジウム論文集, pp.9--12 (1, 2015)
          2. 森川達矢, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 板東信太朗, 棟朝雅晴, "クラウドコンピューティングを用いた進化計算環境の構築", 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.212--215 (12, 2014)
          3. Zhiwen Wang, Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, "Solving sudoku puzzles based on genetic algorithms with filtrated mutations", 第23回計測自動制御御学会中国支部学術講演会論文集, pp.144--145 (12, 2014)
          4. 大倉和博, 保田俊行, 内倉慶介, "群れ行動を理解する", 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.108--112 (9, 2014)
          5. 吉岡佑磨, 松村嘉之, 大谷毅, 高寺政行, 保田俊行, 大倉和博, "国際サービス市場での事業支援システムの提案 ---中国上海市某クリーニング企業のケーススタディ---", 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.29--32 (9, 2014))
          6. 門田真樹, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "SHADEの一拡張法の提案とその評価", 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.23--28 (9, 2014)
          7. 安達明俊, 保田俊行, 大倉和博, "位相距離に依存した相互作用によるロボティックスワームの群れ行動生成", 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.5--10 (9, 2014)
          8. 鹿毛浩輝, 保田俊行, 大倉和博, "反応閾値モデルに基づく強化学習ロボティックスワームの群れ行動獲得", 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.151--154 (7, 2014)
          9. 安達明俊, 笹谷俊貴, 保田俊行, 大倉和博, "実機ロボティックスワームによる群れ行動生成実験", ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集, 2A2-J03, 4 pages (5, 2014)
          10. 森川達矢, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "漸進進化を用いた協調採餌タスクにおけるロボティックスワームの群れ行動生成", ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, 2A2-J06, 4 pages (5, 2014)
          11. 野村冬星, 大倉和博, 保田俊行, 松村嘉之, "進化型スワームロボティックスシステムの追跡問題への適用", 第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 214-5, 4 pages (5, 2014)
          12. 内倉慶介, 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, "行動連鎖の概念に基づく追跡問題におけるロボティックスワームの群れ行動解析", 第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 134-1, 6 pages (5, 2014)
        • 2013年度

          • 特許
            1. 発明者:保田俊行・大倉和博, "機械学習システムおよび機械学習方法", 特開2013-205890 (出願人:国立大学法人広島大学, 公開日:2013.10.7)
          • 解説
            1. 大倉和博, 保田俊行, "多点探索型機械学習の新展開:進化型スワームロボットシステムの群挙動生成と役割分担の分析法", システム制御情報学会誌, Vol.57, No.10, pp.427--432 (2013)
            2. 保田俊行, 大倉和博, "連続空間における強化学習によるマルチロボットシステムの協調行動獲得", 計測と制御 (リレー解説・強化学習の最近の展開), Vol.52, No.7, pp.648--655 (2013)
          • 投稿論文
            1. Tian Yu, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Yoshiyuki Matsumura and Masanori Goka, "Cooperative Transport by a Swarm Robotic System Based on CMA-NeuroES Approach", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.17 No.6, pp.932--942 (2013), DOI: 10.20965/jaciii.2013.p0932
            2. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, and Yoshiyuki Matsumura, "Generating Cooperative Collective Behavior in Swarm Robotic Systems", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.17 No.5, pp.699--706 (2013),DOI: 10.20965/jaciii.2013.p0699
          • 国際会議
            1. Yoshiyuki Matsumura, Kiyotaka Sugiyama, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "A (μ, λ) Evolutionary and Particle Swarm Hybrid Algorithm Over Cloud Computing, with an Application to Dinosaur Gait Optimization", Proceedings of 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 15-17 December 2013, Kobe, pp. 802--807 (2013), DOI: 10.1109/SII.2013.6776759
            2. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Nanami Wada, and Yoshiyuki Matsumura, "Behavior Sequence Analysis of Incrementally Evolving Robotic Swarms in a Foraging Task", Proceedings of 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,15-17 December 2013, Kobe, pp.790--795 (2013), DOI: 10.1109/SII.2013.6776737 Best Paper Award Finalist

            3. Hai Shan, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "A Self Adaptive Hybrid Artificial Bee Colony Algorithm for Solving CEC 2013 Real-Parameter Optimization Problems", Proceedings of 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 15-17 December, Kobe, pp.706--711 (2013), DOI: 10.1109/SII.2013.6776717
            4. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, and Yoshiyuki Matsumura, "Coordinating the collective behavior of swarm robotics systems based on incremental evolution", Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 13-16 October 2013, Manchester, pp.4024--4029 (2013), DOI: 10.1109/SMC.2013.687
            5. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, and Kazuaki Yamada, "Multi-Robot Cooperation Based on Continuous Reinforcement Learning with Two State Space Representations", Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 13-16 October 2013, Manchester, pp.4470--4475 (2013): DOI: 10.1109/SMC.2013.760
            6. Yoshiyuki Matsumura, Ayumu Kobayashi, Kiyotaka Sugiyama, Todd Pataky, Bill Sellers, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "A (μ, λ) Evolutionary and Particle Swarm Hybrid Algorithm, with an Application to Dinosaur Gait Optimization", 2013 IEEE 6th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA) Proceedings, 13-13 July 2013, Hiroshima pp. 89--93 (2013), DOI: 10.1109/IWCIA.2013.6624791
            7. Toshiyuki Yasuda, Nanami Wada, Kazuhiro Ohkura and Yoshiyuki Matsumura, "Analyzing Collective Behavior in Evolutionary Swarm Robotic Systems Based on an Ethological Approach", 2013 Symposium on Adaptive Dynamic Programming and Reinforcement Learning (ADPRL) Proceedings, 16-19 April 2013, Singapore, pp.148--155 (2013), DOI: 10.1109/ADPRL.2013.6615001
          • 国内学会
            1. 大倉和博, 野村冬星, 保田俊行, 松村嘉之, "追跡問題への進化型スワームロボティックスアプローチ", 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1067--1068 (3, 2014)
            2. 杉山聖貴, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボティクスのための進化計算用グリッドサービスの構築", 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.1752--1753 (12, 2013)
            3. 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, "行動連鎖の概念に基づくロボティックスワームの群れ行動解析", 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.1731--1736 (12, 2013)
            4. 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "行動連鎖に基づくロボティックスワームの群れ挙動解析", 動物行動学会 第32回大会講演要旨集, pp.69 (11, 2013)
            5. 島谷直規, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "進化型スワームロボティクシステムにおける群挙動生成のマルチGPUによる高速化", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013講演論文集, pp.320--325 (11, 2013)
            6. 笹谷俊貴, 保田俊行, 大倉和博, "視覚的に推測した進行方向情報に基づくロボティックスワームの群れ行動生成", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013講演論文集, pp.305--310 (11, 2013)
            7. 杉山聖貴, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "クラウド環境での進化計算用グリッドシステムの構築", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013講演論文集, pp.303--304 (11, 2013)
            8. 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "適応DEにおける適応パラメータ調整に関する一考察", 第23回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.358--362 (9, 2013)プレゼンテーション賞受賞
              kadotafan13


            9. 島谷直規, 保田俊行, 大倉和博, "進化型スワームロボティクスにおける協調採餌問題のGPUへの実装", 第23回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, pp.98--103 (9, 2013)プレゼンテーション賞受賞
              shimatanifan13


            10. 竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴, "進化型スワームロボットシステムにおける大規模並列計算環境を用いた非同期処理に関する一考察", 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.775--776 (9, 2013)
            11. 松村嘉之, 高寺政行, 大谷毅, 保田俊行, 大倉和博, "アパレル業界におけるネットワーク分析の特徴量について", 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.763--764 (9, 2013)
            12. 大倉和博, 保田俊行, 野村冬星, "追跡問題における進化型ロボティックスワームの群れ挙動生成", 第29回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.748--751 (9, 2013)
            13. 八木優志, 保田俊行, 大倉和博, "進化ロボッティックスワームの協調採餌問題における凸凹度に基づく適応度景観解析", 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.125--128 (7, 2013)
            14. 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, "協調採餌問題におけるロボティックスワームの動物行動学に基づく群れ行動解析", ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, 2P1-I07, 4 pages (5, 2013)
            15. 鹿毛浩輝, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "アンサンブル強化学習ロボティックスワームの協調群れ行動の生成", ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, 2P1-I06, 4 pages (5, 2013)
            16. 八木優志, 藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, "進化ロボティックスワームによる協調採餌問題の適応度景観の解析に関する一検討", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 347-3, 4 pages (5, 2013)
            17. 杉山聖貴, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "CloudStack を用いたクラウド環境での進化計算用グリッドサービス", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 327-5, 2 pages (5, 2013)
            18. 竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴, "スワームロボットシステムにおける大規模並列計算環境を用いた協調群行動の生成", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 234-6, 6 pages (5, 2013)
            19. 野村冬星, 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "構造進化保護機構を持つ拡張MBEANNによる進化ロボットスワームの群挙動生成", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 234-5, 4 pages (5, 2013)
            20. 内倉慶介, 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, "有向ネットワークのクラスタリングに基づくロボティックスワームの群挙動解析", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 234-2, 6 pages (5, 2013)
            21. 笹谷俊貴, 和田基宏, 光安隆志, 保田俊行, 大倉和博, "カモの群れ行動特性とリーダーシップに基づく自律移動ロボット群による群れ行動の生成", 第57回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 234-1, 6 pages (5, 2013)
          • 2012年度

            • 解説
              1. 大倉和博, "スワーム:群れの創発的挙動生成", 計測と制御, Vol.52, No.3, pp.179--182 (2013)
              2. 松村嘉之, 大倉和博, "スワームロボティクスのための進化型人工神経回路網", 計測と制御, Vol.52, No.3, pp.240--245 (2013)
            • 投稿論文
              1. 松村嘉之, 夏芳芳, 高寺政行, 大谷毅, 保田俊行, 大倉和博, "繊維関連取引関係における複雑ネットワークのコミュニティ分割", 繊維製品消費科学 (日本繊維製品消費科学会誌), Vol.54, No.1, pp.76-82 (2013)
              2. Toshiyuki Yasuda, Soichiro Nomura and Kazuhiro Ohkura, "Self-Organized Task Allocation between Reinforcement Learning Robots and a Human Partner", International Journal of Advancements in Computing Technology, Vol.4, No.22, pp.230--238 (2012)
              3. 大倉和博, 保田俊行, 松村嘉之, 森下力, "クラスタリングに基づくスワームロボットシステムにおける群協調行動分析のための一手法", 日本機械学会論文集C編, Vol.78, No.794, pp.3529--3540 (2012)
              4. 山田和明, 大倉和博, "ニューラルネットワークを用いた強化学習のためのネットワークパラメータ設定法", 日本機械学会論文集C編, Vol.78, No.792, pp.2950--2961 (2012)
              5. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "グリッドタスクスケジューリングアルゴリズムR3Qの不均一な中粒度タスクへの適用", 日本機械学会論文集C編, Vol.78, No.790, pp.2144--2154 (2012)
            • 国際会議
              1. Takaaki Kadota, Toshiyuki Yasuda, Yoshiyuki Matsumura and Kazuhiro Ohkura, "An Incremental Approach to an Evolutionary Robotic Swarm", Proceedings of 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.458--463 (2012)
              2. Soichiro Nomura, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Validation of Robustness of Reinforcement Learning Robots Cooperating with a Human", Proceeding of the 16th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.158--163 (2012)
              3. Tian Yu, Tsuguo Fujita, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, Yoshiyuki Matsumura and Masanori Goka, "Cooperative Transport by a Swarm Robotic System Based on CMA-NeuroES Approach", Proceeding of the 16th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.1--7 (2012)
              4. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda and Yoshiyuki Matsumura, "Extracting Functional Subgroups from an Evolutionary Robotic Swarm by Identifying the Community Structure", Proceedings of the 2012 Fourth World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing (NaBIC), pp.112--117 (2012)
              5. Toshiyuki Yasuda, Koki Kage and Kazuhiro Ohkura, "Robust Reinforcement Learning Technique with Bigeminal Representation of Continuous State Space for Multi-Robot Systems", Proceedings of the SICE Annual Conference 2012, pp.1552--1557 (2012)
              6. Yoshiyuki Matsumura, Fang-Fang Xia, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Network Analyses in the Textile-related Trade from the Perspective of Dying and Finishing Industries", Proceedings of Textile Bioengineering and Informatics Symposium 2012, pp728--732 (2012)
              7. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Chikara Morishita and Yoshiyuki Matsumura, "Cluster Analysis of Collective Behavior for a Robotic Swarm", Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Autonomous Systems, F3D-S.3, 9 pages (2012)
            • 国内学会
              1. 大倉和博, 保田俊行, 門田貴章,和田七海,松村嘉之, "動物行動学に基づく漸進進化型ロボティックスワームの進化過程に関する一考察", 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.287--288 (3, 2013)
              2. 春日公一郎, 松村嘉之, 高寺政行, 大谷毅, 保田俊行, 大倉和博, "アパレル業界取引関係における複雑ネットワークのコミュニティ分割", 第48回システム工学部会研究会「システム工学の新展開」資料, pp.43--46 (3, 2013)
              3. 坂本智紀, 保田俊行, 大倉和博, "人工神経回路網の協調型共進化によるスワームロボットシステムの群れ行動獲得", 第48回システム工学部会研究会「システム工学の新展開」資料, pp.37--42 (3, 2013)
              4. 俵悠斗, 小西繭, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "ネットワーク理論を用いた里山資源ニーズ分析", 第12回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 49-50 (3, 2013)
              5. 中川陽平, 小西繭, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "媒介中心性の変化率に着目したネットワーク分析による里山ブランドニーズ調査", 第12回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 47-48 (3, 2013)
              6. 春日公一郎, 松村嘉之, 高寺政行, 大谷毅, 保田俊行, 大倉和博, "アパレル業界取引関係の複雑ネットワーク分析", 第12回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 3-4 (3, 2013)
              7. 杉山聖貴, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "CloudStackを用いたクラウド環境での進化計算用グリッドサービスの開発", 第12回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 1-2 (3, 2013)
              8. 春日公一郎, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "Bigdataへ向けたPOSデータのネットワーク分析", 第47回日本繊維製品消費科学会関東支部卒業論文発表会要旨集, No.8 (2, 2013)
              9. 俵悠斗, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "人間関係を考慮した里山資源シーズの複雑ネットワーク分析", 第47回日本繊維製品消費科学会関東支部卒業論文発表会要旨集, No.7 (2, 2013)
              10. 中元聡志, 保田俊行, 大倉和博, "遺伝的多様性を利用したHeterogeneous Swarmモデルの挙動に関する一考察", 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.285--286 (12, 2012)
              11. 藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 伍賀正典, 棟朝雅晴, "クラウド環境における進化計算用グリッドサービスの並列化効率の評価", 進化計算シンポジウム, pp.288--291 (12, 2012)
              12. 竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴, "スワームロボットシステムにおける大規模並列計算環境を用いた分散型CMA-ESの実装", 進化計算シンポジウム, pp.14--17 (12, 2012)
              13. 余天, 藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 伍賀正典, "Cooperative transport by a robotic swarm based on CMA-NeuroES", 第21回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.26--27 (11, 2012)
              14. 島谷直規, 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "Evolutionary Swarm Roboticsにおける島モデルGAのGPUへの実装", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集, pp.298--303 (11, 2012)
              15. 伍賀正典, 仲地将志, 藤田二夫, 大倉和博, "自己組織化マップをもちいた進化型ロボットの協調行動戦略の解析", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集, pp.275--280 (11, 2012)
              16. 和田基宏, 笹谷俊貴, 保田俊行, 大倉和博, "自律移動ロボット群による他個体の進行方向を利用しない群れ行動の生成", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集, pp.269--274 (11, 2012)
              17. 松村嘉之, 中川陽平, 小西繭, 保田俊行, 大倉和博, "地域ブランドシーズ発掘のためネットワーク分析", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012講演論文集, pp.81--81 (11, 2012)
              18. 和田七海, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムの群挙動の解析 —動物行動学に基づくアプローチ—", 第28回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.1117--1122 (9, 2012)
              19. 島谷直規, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "データ並列化を用いた島モデル型実数値GAのGPUコンピューティング", 第3回進化計算学会研究会資料集, pp.90--95 (9, 2012)
              20. 竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴, "大規模並列計算環境におけるCMA-ESを用いた関数値最小化問題の実装", 第3回進化計算学会研究会資料集, pp.57--62 (9, 2012)
              21. 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "スワームロボットシステムにおける協調群行動生成に関する一考察", 第22回インテリジェント・システム・シンポジウム講演原稿集, 1C2-2, 6 pages (8, 2012) 最優秀論文賞受賞
                kadotafan12


              22. 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "染色加工整理業界取引の複雑ネットワーク", 第14回日本感性工学会大会, C5-05, 2 pages (8, 2012)
              23. 鹿毛浩輝, 保田俊行, 大倉和博, "状態空間表現の適応的選択に基づく強化学習型ロボット群による協調行動の獲得 —環境変化に対する頑健性の検証—", 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.123--126 (7, 2012)
              24. 藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 伍賀正典, "進化型スワームロボットシステムにおけるDifferential Evolutionの実装", 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.135--138 (7, 2012)
              25. 中川陽平, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "複雑ネットワークと構造方程式モデリングによる市場調査", 2012年度日本繊維製品消費科学会年次大会, pp.55 (6, 2012)
              26. 鹿毛浩輝, 坂ノ上隼紀, 保田俊行, 大倉和博, "状態空間表現を適応的に選択する強化学習ロボットの協調行動の獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1A1-D10 (5, 2012)
              27. 島谷直規, 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "GPUコンピューティングによる島モデル実数値GAの実装", ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1A1-D11 (5, 2012)
              28. 笹谷俊貴, 和田基宏, 保田俊行, 大倉和博, "自己推進型粒子モデルに基づく自律移動ロボット群の群れ行動の生成", ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1A1-E11 (5, 2012)
              29. 竹中貴治, 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "SMPクラスタへのMPIとOpenMPを用いた進化型ロボットスワーム協調行動生成問題の実装", 第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.527--528 (5, 2012)

            2011年度

            • 著書
              1. 大倉和博 (分担執筆), "進化技術ハンドブック 第II巻: 応用編:情報・通信システム", 社団法人電気学会 進化技術応用調査専門委員会 編, 近代科学社 (11, 2011)
            • 投稿論文
              1. 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "繊維関連取引における複雑ネットワーク —染色加工整理業界側面からのネットワーク分析—", 繊維製品消費科学 (日本繊維製品消費科学会誌), Vol.52, No.2, pp.49--52 (2012)
              2. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, "Implementing Genetic Algorithms to CUDA Environment Using Data Parallelization", Technical Gazette, Vol.18 No.4, pp.511--517 (2011)
              3. Junki Sakanoue, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "Preservation and Application of Acquired Knowledge Using Instance-Based Reinforcement Learning for Multi-Robot Systems", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.15, No.8, pp.1109--1115 (2011)
              4. Toshiyuki Yasuda, Kousuke Araki, Kazuhiro Ohkura, "Improving the Robustness of Instance-Based Reinforcement Learning Robots by Metalearning", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.15, No.8, pp.1065--1072 (2011)
              5. 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "部分的初期化によるParticle Swarm Optimizationの拡張(第2報,マルチロボットシステム問題における検証)", 日本機械学会論文集C編, Vol.77, No.777, pp.2084-2095 (2011)
              6. 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, "部分的初期化によるParticle Swarm Optimizationの拡張(第1報,標準テスト関数における検証)", 日本機械学会論文集C編, Vol.77, No.777, pp.2071--2083 (2011)
            • 国際会議
              1. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Tomonori Sakamoto and Yoshiyuki Matsumura, "Evolving Robot Controllers for a Homogeneous Robotic Swarm", Proceedings of 2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.708--713 (2011)
              2. Toshiyuki Yasuda, Soichiro Nomura and Kazuhiro Ohkura, "Self-Organized Task Allocation in Reinforcement Learning Robots and a Human Partner", Proceeding of the 15th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.152--159 (2011)
              3. Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "An Application of Smart Technologies from Collective Intelligence of Evolutionary Robotics to Innovative Fiber Production Systems", 6th International Conference on Advanced Fiber/Textile Materials, IIL-20, (2011).
              4. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, and Yoshiyuki Matsumura, "Analyzing macroscopic behavior in a swarm robotic system based on clustering", Proceedings of the SICE Annual Conference 2011, pp.356--361 (2011)
              5. Toshiyuki Yasuda, Motohiro Wada, and Kazuhiro Ohkura, "Instance-Based Reinforcement Learning Technique with a Meta-Learning Mechanism for Robust Multi-Robot Systems", Proceedings of the 12th Conference Towards Autonomous Robotic Systems, pp.161--172 (2011)
              6. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Accelerating Steady-State Genetic Algorithms based on CUDA Architecture", Proceedings of 2011 IEEE Congress on Evolutionary Computation, CD-ROM , 6 pages (2011)
            • 国内学会
              1. 小林歩, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "(μ, λ)-EAによる恐竜歩行最適化", 第46回システム工学部会研究会「次世代システム工学」資料, pp.47--48 (3, 2012)
              2. 和田七海, 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "動物行動学に基づく行動連鎖を用いたロボットスワームの群挙動解析", 第46回システム工学部会研究会「次世代システム工学」資料, pp.43--46 (3, 2012)
              3. 坂本智紀, 藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 棟朝雅晴, "構造進化型人工神経回路網を用いたスワームロボットシステムの協調群行動の獲得", 第11回複雑系マイクロシンポジウム, pp.51--53 (3, 2012)
              4. 和田七海, 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムのための動物行動学に基づく行動連鎖を用いた群挙動解析", 第11回複雑系マイクロシンポジウム, pp.47--50 (3, 2012)
              5. 門田貴章, 竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 棟朝雅晴, "SMPクラスタへのMPIとOpenMPを用いた協調採餌問題の実装", 第11回複雑系マイクロシンポジウム, pp.45--46 (3, 2012) 優秀プレゼンテーション賞受賞(門田)
                kadota_award1

                morishita


              6. 小林歩, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "PSOによる恐竜歩行最適化", 第11回複雑系マイクロシンポジウム, pp.7--8 (3, 2012)
              7. 宗近公紀, 保田俊行, 大倉和博, "協調箱押しタスクにおける強化学習ロボット群の段階的な行動形成とその行動解析", 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.467--470 (12, 2011)
              8. 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムにおける群挙動のクラスタ分析に関する一考察", 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp.457--460 (12, 2011) SI2011優秀講演賞受賞
              9. morishita


              10. 坂ノ上隼紀, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習を用いた協調型ロボット群の獲得知識の利用効果に関する検証:多クラス分類SVMによる知識利用", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2011,pp.354--357 (11, 2011)
              11. 野村聡一郎, 保田俊行, 大倉和博, "ヒトと協調する強化学習ロボット群の協調過程の観測", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2011, pp.350--353 (11, 2011)
              12. 小林歩, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "EAによるAllosaurusの歩行速度最適化", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2011, pp.348-349, (11, 2011).
              13. 森下力, 坂本智紀, 保田俊行, 大倉和博, "複雑ネットワークに基づくスワームロボットシステムにおける振る舞い解析に関する一手法", 第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.1316--1321 (9, 2011)
              14. 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "島モデル型分散遺伝的アルゴリズムのGPUへの実装", 第26回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.468--473 (9, 2011)
              15. 保田俊行, 大倉和博, "強化学習ロボット群のための人工神経回路網の設定法 ― 状態遷移予測器としての利用", 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム, 4 pages (9, 2011)
              16. 門田貴章, 保田俊行, 大倉和博, "進化型人工神経回路網の初期設定に関する一考察 :下平手法と山田手法の比較", 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム, 4 pages (9, 2011)
              17. 坂本智紀, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムのための進化型人工神経回路網の位相構造設計法に関する一考察", 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.103--104 (7, 2011)
              18. 中元聡志, 保田俊行, 大倉和博, "進化型人工神経回路網における構造変異に関する一考察", 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.101--102 (7, 2011)
              19. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, " CUDA環境におけるsteady-state GAの実装", ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1A1-M12 (5, 2011)
              20. 和田基宏, 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "メタ学習を導入した強化学習法BRLによる自律移動ロボット群の周回行動の獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1A1-M10 (5, 2011)
              21. 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムの群挙動の解析:複雑ネットワークに基づくアプローチ", ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1A1-M02 (5, 2011)
              22. 野村聡一郎, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習によるヒトと自律ロボット群の協調行動の獲得 環境変化に対する頑健性の検証", ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1A1-P03 (5, 2011)
              23. 坂ノ上隼紀, 保田俊行, 大倉和博, "マルチロボットシステムにおける頑健性向上のための知識の獲得・利用法の構築", ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1A1-O10 (5, 2011)
              24. 宗近公紀, 保田俊行, 大倉和博, "シェイピングを適用した協調箱押しタスクにおける強化学習ロボット群の協調 行動の解析", ロボティクス・メカトロニクス講演2011 講演論文集, 1A1-O04 (5, 2011)
              25. 門田貴章, 大礒正嗣, 保田俊行, 大倉和博, "人工進化に基づく二重倒立振子制御問題のGPUへの実装", 第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.517--518 (5, 2011)
              26. 中元聡志, 保田俊行, 大倉和博, "構造進化型人工神経回路網MBEANNへの遺伝子重複突然変異の導入", 第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.513--514 (5, 2011)
              27. 坂本智紀, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムのクラスタ分析に基づく群挙動解析", 第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.385--386 (5, 2011)
            • 学位論文
              1. 大礒正嗣, 低コスト高性能計算環境への進化計算の実装に関する研究, 広島大学博士論文
              2. 坂ノ上隼紀, 状態空間表現の適応的選択に基づく強化学習型ロボット群による協調行動の獲得, 広島大学修士論文
              3. 宗近公紀, 強化学習を用いたマルチロボットシステムにおける協調群行動の解析, 広島大学修士論文
              4. 森下力, スワームロボットシステムにおける適応的組織形成過程の解析手法, 広島大学修士論文
              5. 鹿毛浩輝, 状態空間表現を適応的に選択する強化学習ロボットの協調行動の獲得, 広島大学卒業論文
              6. 笹谷俊貴, 自己推進型粒子モデルに基づく自律移動ロボット群の群れ行動の生成, 広島大学卒業論文
              7. 島谷直規, GPUコンピューティングによる島モデル実数値GAの実装, 広島大学卒業論文
              8. 竹中貴治, SMPクラスタへのMPIとOpenMPを用いた進化型ロボットスワーム協調行動生成問題の実装, 広島大学卒業論文
              9. 藤田二夫, 進化型人工神経回路網を用いたスワームロボットシステムの協調群行動の獲得, 広島大学卒業論文
              10. 和田七海, 動物行動学に基づく行動連鎖を用いたロボットスワームの群挙動解析, 広島大学卒業論文

            2010年度

            • 著書
              1. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura (Eds.), "Multi-Robot Systems, Trends and Development", InTech, ISBN 978-953-307-425-2 (1, 2011)
              2. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "A Reinforcement Learning Technique with an Adaptive Action Generator for a Multi-Robot System", Multi-Robot Systems, Trends and Development, InTech (1, 2011)
              3. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Improving Search Efficiency in the Action Space of an Instance-Based Reinforcement Learning Technique for Multi-Robot Systems", Multi-Robot Systems, Trends and Development, InTech (1, 2011)
              4. Jan Kudlacek, Branimir Barisic, Xavier Velay, and Kazuhiro Ohkura (Eds.), "Proceedings of International Conference on Innovative Technologies IN-TECH 2010" (9, 2010)
            • 投稿論文
              1. 大倉和博, 保田俊行, 松村嘉之, "構造進化型人工神経回路網によるSwarm Roboticsのための適応的協調行動の生成", 日本機械学会論文集C編, Vol.77, No.775, pp.966--979 (2011)
              2. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "CUDA環境におけるデータ並列化を用いた遺伝的アルゴリズムの実装手法", 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.23, No.1, pp.18--28 (2011)
            • 国際会議
              1. Yoshiyuki Matsumura, Eisuke Nakahara, Masanori Goka, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "Hybrid Optimization based on Classical Evolution Strategies and Particle Swarm Optimization applies to a Car Racing Problem", Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 10th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.728--733 (2010)
              2. Masanori Goka, Yoshiyuki Matsumura and Kazuhiro Ohkura, "Analysis of Behavior Strategy on Evolutionary Robotics Using Self-Organizing Maps", Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 10th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.722--727 (2010)
              3. Toshiyuki Yasuda, Kousuke Araki, and Kazuhiro Ohkura, "Improving the Robustness of Instance-Based Reinforcement Learning Robots by Metalearning", Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 10th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.704--709 (2010) Best Presentation Paper Award
              4. Junki Sakanoue, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Preservation and Application of Acquired Knowledge Using Instance-Based Reinforcement Learning", Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 10th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp.576--581 (2010)
              5. Yoshiyuki Matsumura, Eisuke Nakahara, Masanori Goka, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Hybrid Evolutionary Algorithm Based on (&mu, &lambda) Evolution Strategies and Particle Swarm Optimization Applies to a Car Racing Problem", Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.250--257 (2010)
              6. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "The Analysis of Autonomous Specialization Process in Reinforcement Learning Arm-Type Robots Cooperating with a Human Partner", Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.199--205 (2010)
              7. Masanori Goka, Yoshiyuki Matsumura and Kazuhiro Ohkura, "Analysis of Behavioural Strategy on ER using Self-Organizing Maps", Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.191--198 (2010)
              8. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Implementation Method of Genetic Algorithms to CUDA Environment using Data Parallelization", Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp.51--60 (2010)
              9. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, and Yoshiyuki Matsumura, "Extended Particle Swarm Optimization with Partial Randomization for a Multi-Robot System", Proceedings of International Conference on Advanced Mechatronics 2010, pp.37--42 (2010)
              10. Masaki Kadota, Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "Parallelization of Genetic Algorithms over GPU using CUDA", Proceedings of the 2010 International Symposium on Intelligent Systems, 567, 3 pages (2010)
              11. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura, and Yoshiyuki Matsumura, "Extended PSO with Partial Randomization for Large Scale Multimodal Problems", World Automation Congress WAC 2010 CD-ROM Proceedings, IFMIP181, 6 pages (2010)
              12. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Chikara Morishita, and Yoshiyuki Matsumura, "Collective Behavior Analysis Based on Clustering for Swarm Robotic Systems", Proceedings of International Conference on Innovative Technologies IN-TECH 2010, pp.440--444 (2010)
              13. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Yukihiko Kotani, and Yoshiyuki Matsumura, "A Swarm Robotics Approach to Cooperative Package-Pushing Problems with Evolving Recurrent Neural Networks", Proceedings of SICE Annual Conference 2010, pp.706--711 (2010)
              14. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, and Yoshiyuki Matsumura, "Coordinating the Adaptive Behavior for Swarm Robotic Systems by Using Topology and Weight Evolving Artificial Neural Networks", Proceedings of WCCI 2010 IEEE World Congress on Computational Intelligence, 2010 IEEE Congress on Evolutionary Computation (IEEE CEC 2010), pp.1788--1795 (2010)
            • 国内学会
              1. 松村嘉之, 山崎一也, 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, "P2Pネットワークにおける進化計算のためのタスクスケジューリンク", 第6回進化計算フロンティア研究会講演論文集, pp.67--68 (3, 2011)
              2. 和田基宏, 保田俊行, 大倉和博, "メタ学習を導入した強化学習ロボット群の周回行動の獲得", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.36 (3, 2011)
              3. 野村聡一郎, 保田俊行, 大倉和博, "ヒトと協調する強化学習ロボット群の頑健性に関する一考察", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.35 (3, 2011)
              4. 坂本智紀, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムにおける群挙動解析法の構築", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.32 (3, 2011)
              5. 大西祥碁, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習ロボット群における知識の探索と利用に関する一考察", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.16 (3, 2011)
              6. 中元聡志, 保田俊行, 大倉和博, "遺伝子重複に基づく構造進化型人工神経回路網の拡張に関する一考察", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.15 (3, 2011)
              7. 門田貴章, 大礒正嗣, 保田俊行, 大倉和博, "GPUを用いた並列計算による進化ロボティクスアプローチの高速化", 日本機械学会中国四国支部学生会第41回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.9 (3, 2011)
              8. 大倉和博, 保田俊行, 森下力, "スワームロボットシステムにおける協調群れ行動生成の一手法", 第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.2072--2075 (12, 2010)
              9. 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "メタ学習の導入による強化学習ロボット群の頑健性向上に関する一考察", 第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.100--101 (11, 2010)
              10. 門田貴章, 大礒正嗣, 保田俊行, 大倉和博, "GPU を用いた協調搬送問題における進化ロボティクスアプローチの高速化", 第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.98--99 (11, 2010)
              11. 小谷幸彦, 保田俊行, 大倉和博, "協調箱押し問題における進化型人工神経回路網の 隠れ層構造に関する一考察", 第12回 公益法人 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010 講演論文集, 3B1-1 (11, 2010)
              12. 宗近公紀, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習する自律移動ロボット群の協調箱押しタスクにおける シェイピングとその行動獲得過程の解析", 第12回 公益法人 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2010 講演論文集, 3B2-2 (11, 2010)
              13. 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "構造進化型人工神経回路網MBEANNにおける進化戦略型突然変異の効果に関する一考察", 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム, 125 (9, 2010)
              14. 保田俊行, 坂ノ上隼紀, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法における獲得知識の保存と利用に関する一考察:ヒトとアーム型ロボットの協調荷上げ問題への適用", 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム, 119 (9, 2010)
              15. 小谷幸彦, 保田俊行, 大倉和博, "Swarm Robotic Systemsにおける進化型人工神経回路網の隠れ層構造に関する一考察", 第26回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.1163--1168 (9, 2010)
              16. 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "メタ学習を導入した強化学習法BRLを用いた連結された移動ロボット群による協調行動の獲得", 第26回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.1157-1162 (9, 2010)
              17. 宗近公紀, 保田俊行, 大倉和博, "BRL を用いた移動ロボット群の協調箱押しタスクにおける段階的な行動獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 講演論文集, 2P1-G09 (6, 2010)
              18. 崎本周平, 吉岡亮, 保田俊行, 大倉和博, "ヒトと協調する2台のアーム型強化学習ロボットにおける機能分化過程の解析", ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 講演論文集, 2P1-G08 (6, 2010)
              19. 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLにおけるメタ学習のためのルール発火エントロピの学習収束指標への適用", ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 講演論文集, 2A2-F24 (6, 2010)
              20. 小谷幸彦, 保田俊行, 大倉和博, "Swarm Robotic Systemsにおける進化型人工神経回路網の隠れ層構造に関する一考察", 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.217--218 (5, 2010)
              21. 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "Swarm Robotic Systemsにおけるクラスタリングを用いた自律ロボットの群挙動の分析", 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.215--216 (5, 2010)
              22. 坂ノ上隼紀, 保田俊行, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法における獲得知識の保存と利用法に関する一考察", 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.135--136 (5, 2010)
              23. 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, "遺伝的アルゴリズムの高速化に対するGPGPUの利用と性能解析", 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.39--40 (5, 2010)
              24. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "遺伝子型空間における距離を利用した世代交代モデルに関する一考察", 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.37--38 (5, 2010)
            • 学位論文
              1. 荒木宏祐, メタ学習を導入した強化学習法BRLによる マルチロボットシステムの協調行動の獲得, 広島大学大学院修士論文
              2. 小谷幸彦, スワームロボットシステムのためのスモールワールド性を導入した進化型人工神経回路網の位相構造の設計法, 広島大学大学院修士論文
              3. 大西祥碁, 実例に基づく強化学習法における獲得知識を利用した頑健なマルチロボットシステムの構築, 広島大学卒業論文
              4. 門田貴章, GPUを用いた並列計算による進化ロボティクスアプローチの高速化, 広島大学卒業論文
              5. 坂本智紀, スワームロボットシステムのクラスタ分析に基づく群挙動解析, 広島大学卒業論文
              6. 中元聡志, 構造進化型人工神経回路網MBEANNへの重複突然変異の導入:速度情報を用いない二重倒立振子制御問題への適用, 広島大学卒業論文
              7. 野村聡一郎, 強化学習によるヒトと自律ロボット群との協調行動の獲得, 広島大学卒業論文
              8. 和田基宏, メタ学習を導入した強化学習ロボット群の周回行動の獲得, 広島大学卒業論文

            2009年度

            • 著書
              1. 大倉和博 (分担執筆), "進化技術ハンドブック 第Ⅰ巻 基礎編", 社団法人電気学会 進化技術応用調査専門委員会 編, 近代科学社 (1, 2010)
              2. 大倉和博 (分担執筆), "自己組織化ハンドブック", 国武豊喜(監修), 下村政嗣・山口智彦 (編集幹事), エヌ・ティ-・エス (9, 2009)
            • 投稿論文
              1. 片田喜章, 大倉和博, "中立性と凸凹を含む適応度景観の中立ネットワークに基づく構造解析", 人工知能学会論文誌, Vol.25, No.2, pp.332--339 (2010)
              2. Zlatan Car, Kazuhiro Ohkura, and Branimir Barišić, "Apprication of Multi-Agent Technology and Heterarchical Architecture for Production Scheduling", Engineering Review, Vol.29, No.1, pp.1--9 (2009)
            • 国際会議
              1. Toshiyuki Yasuda, Shuhei Sakimoto, and Kazuhiro Ohkura, "Analyzing the Process of Autonomous Specialization in Reinforcement Learning Robots", Proceedings of the 3rd International Symposium on Mobiligence, pp.143--148 (2009)
              2. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Tomoya Matsuda, and Yoshiyuki Matsumura, "Cooperative Behavior Acquisition and Network Analysis in Swarm Robotics", Proceedings of Complex '09, pp.367--372 (2009)
              3. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matusmura, Toshiyuki Yasuda, and Kazuhiro Ohkura, "Evaluation of Generation Alternation Models in Evolutionary Robotics", Proceedings of the 4th International Workshop on Natural Computing, pp.236--243 (2009)
            • 国内学会
              1. 坂ノ上隼紀, 保田俊行, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法の獲得知識の保存と利用に関する一考察", 日本機械学会中国四国支部学生会第40回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.202 (3, 2010)
              2. 森下力, 保田俊行, 大倉和博, "スワームロボットシステムにおける群挙動のクラスタ解析", 日本機械学会中国四国支部学生会第40回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.201 (3, 2010)
              3. 宗近公紀, 保田俊行, 大倉和博, "自律移動ロボット群の協調箱押しタスクによるBRLの学習汎化能力の検証", 日本機械学会中国四国支部学生会第40回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.200 (3, 2010)
              4. 吉岡亮, 保田俊行, 大倉和博, "2台の強化学習する自律ロボットとヒトとの協調行動獲得", 日本機械学会中国四国支部学生会第40回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.163 (3, 2010) 優秀発表賞受賞(吉岡)
              5. 門田真樹, 保田俊行, 大倉和博, "GPU計算環境を用いた遺伝的アルゴリズムの高速化", 日本機械学会中国四国支部学生会第40回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, pp.161 (3, 2010)
              6. 渕瀨佑太, 保田俊行, 大倉和博, "GPUを用いた並列計算による遺伝的アルゴリズムの高速化", 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.2061--2064 (12, 2009)
              7. 三藤正博, 保田俊行, 大倉和博, "物理シミュレーションに基づく進化型Swarm Roboticsにおける協調群行動の獲得", 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.2053--2056 (12, 2009)
              8. 崎本周平, 保田俊行, 大倉和博, "ヒトと協調するアーム型強化学習ロボットの頑健性に関する一考察", 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.2046--2049 (12, 2009)
              9. 新壮一郎, 保田俊行, 大倉和博, "画像処理を用いた布製品分類システムの構築", 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.859--862 (12, 2009)
              10. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "進化計算の世代交代モデルに基づく集団探索挙動の比較 - 進化ロボティクスの場合", 進化計算シンポジウム2009, pp.147--152 (12, 2009)
              11. 小谷幸彦, 保田俊行, 大倉和博, "協調荷押し問題における構造進化型人工神経回路網の進化可能性の検証", 第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.54--55 (11, 2009)
              12. 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLによる自律移動ロボット群の箱押し行動の獲得", 第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.52--53 (11, 2009)
              13. 大礒正嗣, 松村嘉之, 保田俊行, 大倉和博, "Swarm Roboticsへの人工進化の適用 - 世代交代モデルの評価 -", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集, pp.137--140 (11, 2009)
              14. 松田智也, 保田俊行, 大倉和博, "Swarm Roboticsにおける協調行動生成と群行動のネットワーク解析", 第19回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.524--529 (9, 2009)
              15. 小谷幸彦, 松田智也, 三藤正博, 保田俊行, 大倉和博, "協調荷押し問題における構造進化型人工神経回路網の汎化能力に関する一考察", Dynamics and Design Conference 2009, 321 (8, 2009)
              16. 崎本周平, 江頭智史, 保田俊行, 大倉和博, "ヒトとアーム型ロボットの協調行動獲得実験:強化学習によるアプローチ", ロボティクス・メカトロニクス講演会'09, 2A2-D16 (5, 2009)
              17. 荒木宏祐, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLによる自律移動ロボット群の集合行動の獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会'09, 2A2-D14 (5, 2009)
              18. 新壮一郎, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLによる連結された自律移動ロボット群の囲い込み行動の獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会'09, 2A2-D10 (5, 2009)
              19. 三藤正博, 川松雄一, 保田俊行, 大倉和博, "物理シミュレーションを用いた進化型スワームロボットシステムに関する一考察", 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.371--372 (5, 2009)
              20. 渕瀨佑太, 保田俊行, 大倉和博, "CUDAを用いた遺伝的アルゴリズムの高速化手法に関する一考察", 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.139--140 (5, 2009)
              21. 松田智也, 保田俊行, 大倉和博, "構造進化型人工神経回路網を用いたSwarm Robotics", 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.65--64 (5, 2009)
              22. 小谷幸彦, 松田智也, 保田俊行, 大倉和博, "構造進化型人工神経回路網の隠れ層構造の自律適応に関する一考察:自律移動ロボットの制御器の人工進化", 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.63--64 (5, 2009)
              23. 大礒正嗣, 大倉和博, 松村嘉之, "進化ロボティクスにおける世代交代モデルの評価", 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.57--58 (5, 2009)
            • 学位論文
              1. 新壮一郎, 画像処理を用いた布製品自動識別システムの構築, 広島大学大学院修士論文
              2. 崎本周平, ヒトと協調するアーム型強化学習ロボットにおける多次元入出力の可視化に基づく機能分化過程の解析, 広島大学大学院修士論文
              3. 三藤正博, 物理シミュレーションを用いた進化型スワームロボットシステムにおける協調行動の獲得, 広島大学大学院修士論文
              4. 渕瀨佑太, GPGPUに基づく並列計算環境の構築と遺伝的アルゴリズムの実装, 広島大学大学院修士論文
              5. 松田智也, 進化型人工神経回路網を用いたスワームロボットシステムの協調行動の創発, 広島大学大学院修士論文
              6. 門田真樹, GPU計算環境を用いた遺伝的アルゴリズムの高速化, 広島大学卒業論文
              7. 坂ノ上隼紀, 実例に基づく強化学習法の獲得知識の保存と利用に関する一提案, 広島大学卒業論文
              8. 宗近公紀, 自律移動ロボット群の協調箱押しタスクによるBRLの学習汎化能力の検証, 広島大学卒業論文
              9. 森下力, クラスタ分析に基づくスワームロボットシステムの群挙動解析, 広島大学卒業論文
              10. 吉岡亮, 2台の強化学習する自律ロボットとヒトとの協調行動獲得, 広島大学卒業論文

            2008年度

            • 解説論文
              1. 松村嘉之, 大倉和博, 藤本典幸, "進化計算のためのグリッドコンピューティング", システム制御情報学会論文集, Vol.21, No.10, pp.382--389 (2008)
            • 投稿論文
              1. 松村嘉之, 大倉和博, "インフォーマル・リーダーによる情報共有に基づく作業改善が集団業績向上に及ぼす影響", 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.20, No.6, pp.972--980 (2008)
              2. 保田俊行, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法BRLにおける行動空間の分割法の改良 (第1報, 移動ロボットのナビゲーション問題による検証)", 日本機械学会論文集C編, Vol.74, No.747, pp.2747--2754 (2008)
            • 国際会議
              1. Toshiyuki Yasuda, Tomoya Matsuda, Yuichi Kawamatsu, Yoshiyuki Matsumura and Kazuhiro Ohkura, "Autonomous Specialization in a Multi-Robot System based on Artificial Evolution", Proceedings of the 5th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence, pp.108--113 (2008)
              2. Kazuhiro Ohkura, Yoshiyuki Matsumura, Toshiyuki Yasuda and Tomoya Matsuda, "Evolutionary Robotics Approach to Autonomous Task Allocation for a Multi-Robot System", Proceedings of Artificial Neural Networks in Engineering 2008, Intelligent Engineering Systems Through Artificial Neural Networks, Vol.18, pp.121--128, ASME Press (2008)
              3. Chunshi Feng, Yoshiyuki Matsumura, Takahiro Hamashima, Kazuhiro Ohkura and Shuang Cong, "Hybrid Optimization based on Fast Evolution Strategies and Particle Swarm Optimization", Proceedings of the 3rd International Conference on Bioinspired Optimization Methods and their Applications, pp.29--39 (2008)
              4. Yoshiyuki Matsumura, Masaki Matsuda, Masashi Oiso, Kazuhiro Ohkura and Noriyuki Fujimoto, "Application of Grid Task Scheduling Algorithm to Evolutionary Multi-robotics Problems", Proceedings of World Automation Congress 2008, IFMIP-333, 6 pages (2008)
              5. Kazuhiro Ohkura, Tomoya Matsuda, Toshiyuki Yasuda and Yoshiyuki Matsumura, "Swarm Robot Control by Evolving Artificial Neural Networks with Small World Topologies", Proceedings of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.1888--1893 (2008)
              6. Chunshi Feng, Yoshiyuki Matsumura, Takahiro Hamashima, Kazuhiro Ohkura and Shuang Cong, "Hybrid Optimization Based on (μ, λ)-Evolution Strategies and Particle Swarm Intelligence", Proceedings of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.849--854 (2008)
              7. Takahiro Hamashima, Yoshiyuki Matsumura, Chunshi Feng, Kazuhiro Ohkura and Shuang Cong, "Hybrid Optimization based on Evolution Strategies and Particle Swarm Optimization", Proceedings of China-Japan Joint Conference on Mechatronics, pp. 104--105 (2008)
              8. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Reinforcement Learning Technique with an Adaptive Action Generator for a Multi-Robot System", Proceedings of From Animals to Animats 10, the 10th International Conference on Simulation of Adaptive Behavior, LNCS5040, pp.250--259 (2008)
              9. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura and Noriyuki Fujimoto, "Application of Grid Task Scheduling Algorithm R3Q to Evolutionary Multi-robotics Problem", Proceedings of 2008 IEEE Congress on Evolutionary Computation, pp.1520--1527 (2008).
            • 国内学会
              1. 大倉和博, 保田俊行, 川松雄一, 松田智也, "マルチロボットシステムの自律的機能分化による協調荷物搬送に関する一考察", 第9回システムインテグレーション部門講演会 (SI2008), pp.677-678 (12, 2008)
              2. 渕瀨佑太, 松田智也, 保田俊行, 大倉和博, "マルチロボットシステムのための物理シミュレーション環境の構築", 第17回計測自動制御学会中国支部学術講演会, pp.88-89 (11, 2008)
              3. 新壮一郎, 保田俊行, 大倉和博, "CUDAによるOpenCVを用いた物体追跡の高速化に関する一考察", 第17回計測自動制御学会中国支部学術講演会, pp.38--39 (11, 2008)
              4. 井本礼一郎, 崎本周平, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLによる連続状態・行動空間の分割とその可視化に基づく群ロボットの行動解析", 第18 回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp.403--408 (10, 2008) ベストプレゼンテーション賞受賞(井本)
              5. 上田修, 保田俊行, 大倉和博, "大規模多峰性問題のための各個体の探索性能を考慮したPSOの拡張", 第18 回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp.373--376 (10, 2008)
              6. 川松雄一, 松田智也, 保田俊行, 大倉和博, "モジュラリティによるクラスタリングに基づくマルチロボットシステムの群挙動解析", 第18 回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp.51--56 (10, 2008)
              7. 崎本周平, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習を用いたアーム型ロボット群の機能分化過程の解析", ロボティクス・メカトロニクス講演会'08, 2P2-G09 (6, 2008)
              8. 井本礼一郎, 保田俊行, 大倉和博, "強化学習法BRLによる自律移動ロボットの狭路通行行動の獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会'08, 2P2-G07 (6, 2008)
              9. 三藤正博, 川松雄一, 保田俊行, 大倉和博, "進化ロボティクスのための物理シミュレーション分散計算環境の構築", 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.467--468 (5, 2008)
              10. 松田智也, 川松雄一, 保田俊行, 大倉和博, "マルチロボットシステムにおける進化型人工神経回路網の適用と解析", 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.245--246 (5, 2008)
              11. 筧淳平, 保田俊行, 大倉和博, "マルチエージェント強化学習における台数の変化に対する追加学習能力の検証", 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.395--396 (5, 2008)
              12. 松澤雄平, 大礒正嗣, 松村嘉之, 大倉和博, "ネットワーク理論を用いた進化型人口神経回路網の解析", 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.471--472 (5, 2008)
            • 学位論文
              1. 井本礼一郎, 強化学習による自律ロボットの適応的行動獲得とその可視化に基づく行動解析, 広島大学大学院修士論文
              2. 上田修, 大規模多峰性問題における拡張型PSOの探索挙動解析, 広島大学大学院修士論文
              3. 筧淳平, 強化学習による自律分散協調型マルチロボットシステムの構築, 広島大学大学院修士論文
              4. 川松雄一, 進化型人工神経回路網を用いたSwarm Roboticsにおける協調行動の獲得, 広島大学大学院修士論文
              5. 荒木宏祐, 強化学習による自律移動ロボット群の集合行動の獲得, 広島大学卒業論文
              6. 江頭智史, ヒトとアーム型ロボットの協調行動獲得実験 -- 強化学習によるアプローチ, 広島大学卒業論文
              7. 小谷幸彦, 進化ロボティクスにおける人工神経回路網の隠れ層構造の進化的獲得, 広島大学卒業論文

            2007年度

            • 投稿論文
              1. 片田喜章, 大倉和博, "ニュートラルネットワークを含む適応度景観における遺伝的アルゴリズムの進化ダイナミクス -- 進化ロボティクスでの検証", システム制御情報学会論文誌, Vol.21, No.2, pp.31--39 (2008)
              2. 保田俊行, 大倉和博, "確率ネットワークを用いた強化学習ロボットの獲得戦略の保存と利用", 日本機械学会論文集C編, Vol.73, No.736, pp.3212--3219 (2007)
              3. 伍賀正典, 大倉和博, "生態学的手法を用いたマルチエージェントシステムの解析に関する研究", システム制御情報学会論文誌, Vol.20. No.5, pp.216--223 (2007)
            • 国際会議
              1. Yoshiyuki Matsumura, Masashi Oiso, Kazuhiro Ohkura, Noriyuki Fujimoto, Kenichi Hagihara, Jeremy Wyatt and Xin Yao, " Grid Task Scheduling Algorithms R3Q for Evolving Artificial Neural Networks", Proceedings of 1st International Conference on Cognitive Neurodynamics (2007).
              2. Masanori Goka, Kazuhiro Ohkura, and Kanji Ueda, "Coordinating Collective Behavior in a Multi-Robot System using Evolving Artificial Neural Networks", Proceedings of the 11th Asia-Pacific Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems, S6-2, 7 pages (2007)
              3. Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, Yoshiki Matsuura, Masashi Oiso, Noriyuki Fujimoto, Kenichi Hagihara, "Grid Task Scheduling Algorithm R3Q for Evolution Strategies", Proceedings of 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation, pp.1756--1763 (2007)
              4. Yoshiyuki Matsumura, Masashi Oiso, Masaki Matsuda, Noriyuki Fujimoto, Kenichi Hagihara, Kazuhiro Ohkura, Jeremy Wyatt and Xin Yao, " Application of Grid Task Scheduling Algorithms RR to Medium-grained Evolution Strategies ", Proceedings of the 3rd International Conference on Natural Computation, pp.223-227 (2007)
              5. Kazuhiro Ohkura, Toshiyuki Yasuda, Yuichi Kawamatsu, Yoshiyuki Matsumura, Kanji Ueda, "MBEANN: Mutation-Based Evolving Artificial Neural Networks", F. A. e Costa, L. M. Rocha, E. Costa, I. Harvey, A. Colutinho (Eds.), Advances in Artificial Life, Proceedings of the 9th European Conference on Artificial Life, LNAI4648, pp.936--945 (2007)
              6. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Improving Search Efficiency in the Action Space of an Instance-Based Reinforcement Learning", F. A. e Costa, L. M. Rocha, E. Costa, I. Harvey, A. Colutinho (Eds.), Advances in Artificail Life, Proceedings of the 9th European Conference on Artificial Life, LNAI4648, pp.325--334 (2007)
              7. Masaki Matsuda, Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara, " Evolution Strategies on Grid Computing using Task Scheduling RR ", Proceedings of China-Japan Joint Conference on Mechatronics, pp.57--58 (2007)
              8. Masashi Oiso, Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara, " Grid Scheduling for Evolutionary Multi-Robot Problems", Proceedings of China-Japan Joint Conference on Mechatronics, pp.41--42 (2007)
            • 国内学会
              1. 小平規裕, 保田俊行, 大倉和博, "進化ロボティクスにおける人工神経回路網の位相構造に関する研究 -- 協調荷押し問題における進化学習効率", 2008年度精密工学会春季大会講演論文集 (3, 2008)
              2. 大礒正嗣, 松村嘉之, 大倉和博, 藤本典幸, 萩原兼一, "進化型マルチロボット問題のためのタスクスケジ ューリングR3Qを用いたグリッド計算", 第8回計測自動制御学会システムインテグレー ション部門講演会, pp.847-848 (2007.12).
              3. 末松和也, 保田俊行, 大倉和博, "マルチロボットシステムにおける協調群行動創発のためのPSOによる人工神経回路網設計", 第16回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.208--209 (11, 2007)
              4. 井本礼一郎, 保田俊行, 大倉和博, "狭路に進入・通行する自律移動ロボットのための強化学習に関する一考察", 第16回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.84--85 (11, 2007)
              5. 小平規裕, 保田俊行, 大倉和博, "進化ロボティクスにおける人工神経回路網の位相構造に関する研究 -- 協調荷押し問題における進化学習効率 -- ", 第16回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.72--73 (11, 2007)
              6. 松田真樹, 松村嘉之, 大倉和博, 藤本典幸, 萩原兼一, "グリッドスケジューリングRRによる進化型マルチロボット問題", 2007年度精密工学会秋季大会講演論文集, pp.615-616 (2007.9).
              7. 川松雄一, 大倉和博, "NEAT4Jライブラリを用いた進化型人工神経回路網MBEANNの進化挙動解析に関する一考察",平成19年電気学会 電子・情報・システム部門大会, MC8-5 (9.2007)
              8. 伍賀正典, 大倉和博, "構造進化型人工神経回路網を用いた進化的マルチエージェントシステムの生態学的特徴の解析", 第17回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN'07 (8, 2007)
              9. 末松和也, 大倉和博, "部分的初期化の導入によるPSOの頑健性向上に関する一考察", 第51回システム制御情報学会研究発表講演会論文集, 5T2-4 (5, 2007)
              10. 大礒正嗣, 大倉和博, 松村嘉之, 藤本典幸, 萩原兼一, "進化型マルチロボット問題におけるグリッドスケジューリング", 第51回システム制御情報学会研究発表講演会論文集, 5T1-4 (5, 2007)
              11. 保田俊行, 筧淳平, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法BRLを用いたアーム型自律ロボット群の追加学習能力に関する検証実験", ロボティクス・メカトロニクス講演会'07, 2A1-M06 (5, 2007)
            • 学位論文
              1. 小平規裕, 進化マルチロボティクスのための人工神経回路網の隠れ層構造の探索, 広島大学大学院修士論文
              2. 末松和也, 部分的初期化に基づくPSOの拡張 -- 大規模多峰性問題への適用, 広島大学大学院修士論文
              3. 新壮一郎, 連結された自律移動ロボット群の強化学習による物体の囲い込み行動の獲得, 広島大学卒業論文
              4. 大林史尚, 進化ロボティクス・アプローチによる牧羊犬行動の獲得, 広島大学卒業論文
              5. 崎本周平, 強化学習を用いたアーム型ロボット群の機能分化過程の解析, 広島大学卒業論文
              6. 三藤正博, 進化ロボティクスのための物理シミュレーション環境の構築, 広島大学卒業論文
              7. 菅原淳, 進化型人工神経回路網を用いた二足ロボットの準受動歩行の獲得, 広島大学卒業論文
              8. 松田智也, 進化型人工神経回路網におけるネットワーク構造解析, 広島大学卒業論文

            2006年度

            • 投稿論文
              1. 保田俊行, 大倉和博, "実例に基づく強化学習法の頑健性向上に関する一考察 -- マルチロボットシステムによる検証 -- ", 計測自動制御学会論文集, Vol.42, No.10, pp.1150--1157 (2006)
              2. 松浦芳樹, 大倉和博, 松村嘉之, 藤本典幸, 萩原兼一, "R3Qによる進化型計算の中粒度Gridスケジューリング", 情報処理学会論文誌, Vol.47 No. SIG 12(ACS 15) pp.240--249 (2006)
              3. Toshiyuki Yasuda, Kazuhiro Ohkura and Kanji Ueda, "A Homogeneous Mobile Robot Team That is Fault-Tolerant", The Advanced Engineering Informatics Journal, Elsevier, Volume 20, Issue 3, pp.301--311 (2006)
              4. 大倉和博, 岩波悟史, "進化型人工神経回路網の構造進化のための一手法 -- 二重倒立振子問題への適用 -- ", システム制御情報学会論文誌, Vol.19, No.2, pp.51--58 (2006)
              5. 片田喜章, 大倉和博, "根井の標準遺伝距離を用いたneutralityを含む問題でのGAの進化ダイナミクス解析", システム制御情報学会論文誌, Vol.19, No.2, pp.43--50 (2006)
            • 国際会議
              1. Masanori Goka and Kazuhiro Ohkura, "An Ecological Analytic Approach to Evolutionary Multi-Agent Systems", Proceedings of Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp.2187--2192 (2006)
              2. Toshiyuki Yasuda and Kazuhiro Ohkura, "Behavior Acquisition Based on Reinforcement Learning with Adaptive Action Generator", Proceedings of the 6th International Workshop on Emergent Synthesis, pp.283--288 (2006)
              3. Masanori Goka and Kazuhiro Ohkura, "An Ecological Approach to the Feature Analysis of Evolutionary Multi-Agent Systems", Proceedings of the 6th International Workshop on Emergent Synthesis, pp.173--180 (2006)
              4. Yoshiaki Katada and Kazuhiro Ohkura, "Estimating the Degree of Neutrality in Fitness Landscapes by the Nei's Standard Genetic Distance - An Application to Evolutionary Robotics", Proceedings of 2006 Congress on Evolutionary Computation, pp.1590--1597 (2006)
            • 国内学会
              1. 伍賀正典, 赤尾剛志, 福森淳一, 大倉和博, "マルチロボットシステムに適用した構造進化型人工神経回路網の特徴とロボットの振る舞いの解析", 2007年度精密工学会春季大会講演論文集 (3, 2007)
              2. 保田俊行,平松久征,大倉和博, "マルチロボットシステムのための強化学習の行動空間探索に関する一考察”, 第19回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp.279--284 (1, 2007)
              3. 伍賀正典, 赤尾剛志, 福森淳一, 大倉和博, "生態学的手法を用いた進化的MASの特徴の解析", 第49回自動制御連合講演会 (11, 2006)
              4. 赤尾剛志, 福森淳一, 伍賀正典, 大倉 和博, "進化型人工神経回路網を用いたマルチロボットシステムの協調行動獲得に関する一考察", 第16回インテリジェント・システム・シンポジウム FAN'06 (9, 2006)
              5. 西原志乃,高田新一,大倉和博, "NeuroEvolution of Augmented Topologiesの自律移動ロボット問題への適用に関するシステムチューニング", ロボティクス・メカトロニクス講演会'06 (5, 2006)
              6. 平松久征,保田俊行,大倉和博, "オムニホイールを備えた自律ロボット群の強化学習による協調行動獲得", ロボティクス・メカトロニクス講演会'06 (5, 2006)
              7. 赤尾剛志, 大倉和博, "進化型人工神経回路網を用いたマルチロボットシステムの群行動の獲得", 第50回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI '06) (5, 2006)
            • 学位論文
              1. 井本礼一郎, 強化学習に基づく自律移動ロボットの適応的行動獲得, 広島大学卒業論文
              2. 上田修, 二重倒立振子問題におけるParticle Swarm Optimizationの探索挙動の解析, 広島大学卒業論文
              3. 大礒正嗣, 進化ロボティクス向けGrid Computingにおけるタスクスケジューリング, 広島大学卒業論文
              4. 筧淳平, 強化学習に基づくアーム型マルチロボットシステムの適応的行動の生成, 広島大学卒業論文
              5. 川松雄一, 進化型人工神経回路網の構造進化挙動の解析, 広島大学卒業論文